薄毛は病院へ

私は、20代ですが髪の毛のある悩みを抱えていました。それは、AGA(男性型脱毛症)です。前髪を眉毛の辺りにまで伸ばすヘアスタイルが好きだったのですが、社会人になり、精神的にも肉体的にも厳しかったせいか、前髪に隙間が出来るようになってしまったのです。ヘアスタイルに対してこだわりがあった私は、とてもショックでした。

私は、薄毛を予防する対策として、食生活や睡眠時間の確保等の方法を試しますが、ほぼ効果はありませんでした。そこで私は、少し恥ずかしさもありましたが、病院へ診断にいくことを決意しました。

クリニックに行き、カウンセリングを受けるのですが、薄毛の治療には、発毛を促進する治療と脱毛を抑制する2つの治療方法があるようです。発毛を促進する治療の場合、効果はすごいのですが、多額の費用がかかるとのことでした。私が行ったクリニックでは、費用は1年間の治療で約65万円程度だったと思います。反対に、脱毛を抑制する治療は、1年間で約8万円程度の治療費でした。本当は発毛を促進する治療を受けたかったのですが、予算オーバーだったため、脱毛を抑制する治療を受けることにしました。

この治療を受けて良かった点は、これ以上薄毛が進行するという心配がなくなり、精神的に安定するということです。現在薄毛に悩まれている方は、一度勇気を持って病院で診断を受けることをおすすめします。

いじりすぎ注意

男女問わず、ある一定の人にとって頭皮と髪の悩みはつきものなのか。

特に、女性の薄毛って男性よりも深い悩みだと思う。

私の家族は、皆しっかりした髪質なのに私だけがどうしたものか、若いころから薄毛と髪のハリやコシ、艶も無くて。

で、幼少期から色々と回想してみたらいくつかの原因らしい「これ?」みたいなものに気が付いたのです。

【原因1】

母が若いころにシングルマザーになって、私は親せきや夜間の託児所でお世話になったりで。不安があったんでしょうね。その不安からだと思いますが、学校の授業中に、髪を抜く癖がでてきたり、シャーペンで地肌をひっかいたりしてました。

【原因2】

10代中頃からオシャレに目覚めて髪を染めるようになって。エスカレートしたときは週2回のペースでかなり強い薬液を使って染めてました。

そんなこんなで、20代後半頃には美容師仲間に「頭皮固いね」と言われて初めてハっとしました。

頭皮が固いのは健康な髪が育たないし、男性の剥げてる人ってみんな頭皮カチカチだよね。。。

私はお風呂タイムに必ず頭皮マッサージをしています。気休めかもしれませんが。。。あと、髪を伸ばさないでボブ程度にしてます。

「怒りっぽい人は頭皮が固い」と、マッサージ師の友人から聞いたことがあります。なるほど、温厚な性格で極力ストレスを溜めないことが髪の健康にもつながるのかもしれませんね。